二重サッシ「インプラス」簡単お見積インプラスDIYの極意
インプラス写真判定サービス
二重サッシ「インプラス」良くある質問Q&A


防音窓本舗スマートフォンサイト ソファー・家具・インテリア販売:ハウスコーデ

二重サッシインプラス「防音について」

インプラスはどうやって騒音をカットするの?


サッシには、窓をスムーズに開け閉めするためにわざと隙間が設けてありますが、これが、音が侵入する絶好の通り道となってしまいます。
一般的な戸建住宅用のサッシやマンションなどの集合住宅用のほとんどのサッシは20dB(デシベル)から25dB(性能を示す時はT-1と表記します。)の騒音カット率です。
ここに25dBを超える防音効果のあるガラスを入れても、ガラスが持っている防音性能を十分に発揮できないことがあります。せっかくガラスを入れ替えても期待するほどの効果を得られない事があるのです。

窓の防音対策では窓ガラスについて検討する前に、サッシの隙間対策を検討することが先決です。

サッシの隙間を放置したままでは、ガラスを防音タイプに替えても、防音ガラスは性能を十分に発揮できないのです。

ただ、サッシを防音タイプに取り替えるためには壁や床も壊す必要があるため、実現には手間も費用もかかります
インプラス」は、今の窓の室内側に追加で設置する窓で、一般には
「内窓」と呼ばれます、トステムのインプラスは特に防音性能を重視した
隙間の少ない「内窓」です。 インプラスを今ある窓に付けるだけで隙間が小さくなり、外の騒音を大きく遮断します


基本的に重い(厚い)ガラスほど遮音性が優れおり、防音性能が高いです。

一般的にガラスは、薄いと高い周波数(高い音)で振動し、厚いと低い周波数(低い音)で振動します

 ・3o厚ガラス=4000Hzで振動し、遮音効果が低下
 ・5o厚ガラス=2500Hzで振動し、遮音効果が低下
 ・6.8o厚ガラス=1765Hzで振動し、遮音効果が低下

この振動はどんなガラスでも必ず発生する現象です。
二重サッシで防音対策をする場合は、お悩みの騒音に合ったガラスを選ぶことが重要です。

詳しくは下のバナーから防音に適したガラスをご確認ください。


高音・低音…いろんな騒音に悩んでいる方にオススメの合わせガラス

そんな方には、防音合わせガラスをオススメします。これはガラスの振動による遮音効果の低下という弱点を克服したもので、2枚のガラスに防音特殊フィルムを加熱圧着で挟んでいます。高音域〜低音域までの音域全体でガラスの振動を防ぐため高い防音性能を発揮します
※透明単板5oガラスでも高い防音性能を発揮しますが、より高い防音効果を望まれる場合は防音性能の高いガラスをインプラスに組み込むことで防音効果はさらに高まります。
詳しくはこちらをご覧ください。




>>二重サッシ「インプラス」の防音効果について

防音窓本舗は窓の防音対策(騒音対策)に高い効果を発揮するトステムの二重サッシ「インプラス」の専門店です。二重サッシ「インプラス」の価格がその場でわかるオンライン見積にも対応しておりますので、価格にご納得いただけるようでしたら是非当ショップにてお買い求めください。


壁の防音・音漏れに:防音パネル 床の防音・傷つき防止:静床ライト
激安エクステリアクラブ 激安内窓クラブ 激安エコ内窓クラブ 激安オーニングクラブ 激安外構エクステリア 激安バルコニークラブ 激安玄関リフォーム激安ウッドデッキクラブ激安サンルームクラブ